筑波大学がダニによるアトピー性皮膚炎の原因を特定!(Clec10aがアトピー性皮膚炎を抑制)

ダニによるアトピー性皮膚炎の根本的な治療に繋がる素晴らしいニュースが飛び込んできたので、急ぎ記事にまとめてみました。

ニュース記事

こちらの大学ジャーナルで、2019/12/14の記事に、筑波大学の研究グループがダニによるアトピー性皮膚炎の原因となる遺伝子が特定できたという

ダニによるアトピー性皮膚炎の原因遺伝子特定と抑制分子の発見 筑波大学 | 大学ジャーナルオンライン
 筑波大学の研究グループが、ダニによるアトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止めた。  アトピー性皮膚炎の患者数は年々増加しており、我が国では25年前と比べると倍増している。原因のおよそ8割をダニが占めるとされているが、ダニによるアトピー性皮膚炎の発症メカニズムはまだ解明されていない。 ダニによるアトピー性皮膚炎の原因遺伝...
矢野テック
矢野テック

凄いニュースだと思いました。

筑波大学の発表

筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|ダニによるアトピー性皮膚炎を抑制する分子の発見
筑波大学

この研究の論文の原文(英語)

Clec10a regulates mite-induced dermatitis
House dust mite (HDM) is an allergen associated with a variety of diseases, including asthma and atopic dermatitis (AD). The NC/Nga mouse strain develops severe...

要点をかい摘んでまとめ

難しい内容なので、まとめてみると以下の通り。

  • 筑波大学が発表
  • 日本のアトピーの8割は原因がダニ
  • ダニによるアトピー性皮膚炎の発症メカニズムは未解明
  • Clec10a遺伝子の変異による欠損がアトピーを引き起こすと突き止めた
  • Clec10aがアトピー性皮膚炎を抑制することも判明
  • ダニにはアトピーを誘発するLPS(エンドトキシン)、ムチン様分子がある
  • LPSが皮膚のマクロファージを活性化してアトピー症状を引き起こす
  • Clec10aがムチン様分子と結合してアトピーを抑制することも判明(←新発見

つまり?

矢野テック
矢野テック

要点の中でも、最後が重要っぽい。

Clec10aが結合するムチン様分子というのが、今までにない画期的なアトピー治療薬らしい。

今まで、全く効かなかったアトピーの塗り薬が激変することを意味します。

 

まだ、どのムチン様分子が良いかを研究している段階とのことで、実用化にはまだまだ時間がかかりそう。早く実用化してほしいと心から願います。

コメント ぜひ下さいな