肌に優しい洗濯洗剤【アトピーや敏感肌の方は洗剤を変えるべき!】

アトピーや肌が弱い方で、洗濯洗剤を、普通にアタックとか使ってる方は、見直した方がよいです。

洗濯洗剤に変えるだけで、症状が大きく改善します。

なぜ、洗濯洗剤を変えた方がよいか?。そして、オススメの肌に優しい洗濯洗剤は何か?

詳しく調べたので、ご参考ください。

合成界面活性剤の影響を受けやすい

アトピーの方は肌が繊細なので、合成界面活性剤の影響を受けやすくなっています。

界面活性剤は、水と汚れを馴染ませる成分で、汚れを取るのに適した成分です。

原価も安く、洗浄力も強いため、洗濯用洗剤で各メーカーが使っています。

合成界面活性剤はタンパク質を破壊し肌荒れを発生させる

一般的に買える洗剤に入っている合成界面活性剤は、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムが入っていることがあります。これは、皮膚のタンパク質を破壊する作用と、動物実験では発がん性が報告されています。

 

また、ポリオキシエチレンアルキルエルナトリウムには、皮膚障害やアレルギーをひどくする恐れがあると言われています。これは肌荒れ以外にアトピーを悪化させる原因にもなります。

 

日本国内では、界面活性剤の細かい成分表記が義務付けられていないので、裏面の成分表だけでは分からない事が多いのですが、これらの危険度が高い合成界面活性剤が一定量含まれている場合があります。

 

肌が弱い方や、アトピーの方、お子さんの選択には、界面活性剤が入った洗剤は使ずに、石けん洗剤を使う事をお勧めします。

汗をかいた後、肌荒れが発生する方は石鹸洗剤がオススメ

アトピーの方や肌が弱い方で汗をかいた後肌が荒れる方は、石鹸洗剤に変えた方が良いです。

普通の洗剤は合成界面活性剤が使われていて、すすぎ残りが発生しやすくなります。

 

合成界面活性剤が残っていると、汗と反応してアレルギーを誘発しやすくなります。

石けん洗剤とは?

石けん洗剤とは、昔ながらの石鹸です。

牛脂、やし油、オリーヴ油から取れる油子を原料としています。

これらを水と混ぜて精製したものが、石けん洗剤です。

成分表を見て確認する

パッケージ裏面の成分表を必ず見ましょう。

界面活性剤は避ける

以下は、アリエールの成分表ですが、アレルギーを誘発する直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエルナトリウムが入っています。

矢野テック
矢野テック

アトピーの方は使っちゃ駄目です。

肌に優しい成分を選ぶ

成分表に、石けん素地カリ石けん素地純石けんと言う表示のものを選びましょう。

たまに何も表示がないものもありますが、それは合成界面活性剤が使われています。

肌に優しいおすすめの石けん洗剤

成分表をみて、石けん素地、カリ石けん素地、純石けんであれば、それほど差はありませんが

アトピーの僕が使ってみた中で、おすすめなのは以下です。

シャボン玉スノール(液体)

シャボン玉石けんスノール

福岡県北九州市に大きな工場を持つ無添加で肌のための石鹸を開発しているメーカーです。

私にとっては、実家の近くにある会社なので、愛着あって愛用しています。

 

代表的なシャボン玉石鹸を始め、数多くの石鹸や洗剤を販売しているメーカーです。

 

どんどん工場の規模が大きくなっていくとともに、知名度も若松区内⇒北九州市内⇒福岡県内⇒全国へと、どんどん有名になっていきました。

粉石けんスノールより液体スノールの方が使い勝手が良い

このメーカーの洗濯石鹸スノールは有名です。粉石けんが有名ですが、お湯で溶かして使わないと溶け残りが発生するので、めちゃめちゃ使い勝手が難しい商品です。

 

液体版のシャボン玉スノールもあります。私は、使い勝手の良さから液体板を選んでいます。

ただし、石鹸洗剤の弱点である洗浄力の弱さはあるので、たまにセスキ炭酸ソーダなどを入れて洗浄力をアップしています。

 

こうしないと、夏場のTシャツや肌着は、男性の皮脂が完全に取り除けない感じです。

石けん洗剤は汚れ落ちが悪いのが弱点

肌には優しくて良いことづくしの石けん洗剤ですが、弱点はあります。

どの石けん洗剤にも共通して言えることですが、石けん洗剤は汚れ落ちが悪いのです。

 

液体より粉の方が汚れ落ちが優れているのですが、それでも通常の合成界面活性剤の洗剤に比べると汚れ落ちは悪いです。

 

石鹸洗剤は、体に優しいのですが、洗浄力が物足りません。

女性が使う分には問題ないのですが、皮脂が多い男性の汚れは、すべて落ちないこともあります。

酸素系漂白剤か、セスキ炭酸ソーダを一緒に入れる

夏場など、暑い時期には洗濯して乾かした後も若干匂いが感じることもあります。

そういう時は、酸素系漂白剤かセスキ炭酸ソーダを一緒に入れると良いでしょう。

 

酸素系漂白剤は、成分表示に過酸化ナトリウムと書かれたものを選びます。

酸素系漂白剤、セスキ炭酸ソーダのいずれも、100円ショップで購入することができます。

たまに使うと、よくお汚れが落ちます。

コメント ぜひ下さいな